塗装・リフォームチラシお客が知りたいこと書いてありますか?

本日折り込まれていたチラシです.

IMG_20180331_085908.JPG

外壁塗装・リフォーム・シロアリ対策
3つの宣伝をしています。

なんでもおまかせって部分を
アピールしたいと思っているチラシですね。

裏面に平成30年春号と書いてあったので
おそらく年に4回配るチラシなんだと思います。

こういった内容で勝負するなら
月に1,2回定期的に折り込まないと
なかなか難しいと思います。

特に新聞折込だと
たくさんのチラシが一緒に入っていますので

情報量が多くゴチャゴチャしたチラシですと
パッと見た瞬間に圧倒されて
目を通す気がなくなる可能性が高くなります。

定期的に配らないとなかなか認知度は
上がらないと思います。

外壁塗装なら外壁塗装
リフォームならリフォーム(できればもっと絞り込む)
シロアリならシロアリ

で作った方がその部分を気にかけている方に
目を通してもらえる可能性が上がります。


さて

このチラシで気になった点があります。

それがこの文言

最近、一般社団法人を名乗り、保険金でリフォームを勧める
悪質な業者が増えてきています。ご注意ください。

リフォーム詐欺が横行しています。
このチラシはいざという時にお役に立ちますので保存しておいてください。




恐怖や不安を煽っているのですが…

どう注意すればいいのか?
書いていません。

いざという時に役立つ理由を
書いていません。

投げっぱなしです…

「名乗り」ってことは一般社団法人ではないってこと?
そもそも一般社団法人ってなんなの?
保険金でリフォームをやってはいけないの?

何も答えてくれません。

こういった文言を使うなら
具体的にどうゆう注意が必要なのか?
悪質な業者の見分け方は?

を教えてあげて

生協なら安心です。とアピールする内容で
チラシを作った方が反響は出ると思います。


あなたが悪質な業者でないのなら

こういった業者は注意!
知らないと損する7つのチェックポイント!

って作れませんか?(3つでも4つでもいいです。)

定期的ににチラシを配れるなら
1つずつテーマを絞って
具体的に教えてあげても良いと思います。

99%の人は「損をしたくない」と思っています。
損をしない情報は食いつきがいいですよ。

リフォーム相談会チラシ。上から目線になってませんか?


先週新聞に折り込まれていたチラシを
まずはご覧ください。

大和住販h30.3.JPG

リフォーム相談会
リフォームのことなら何でも相談ください。
とのことですが…

予想通りに集客できたかのかどうか?
微妙な感じがします。

もし
予想通りの集客ができたとしたら
2つの条件をクリアしていた。ってことになると思います。

その条件とは
「認知度と信頼感」です。

リフォームのことなら○○店という
地元での認知度がどれくらいあるのか?

近所の評判がちゃんと高評価かどうか?
参加してみようと思った人のまわりに悪い噂がない。
という信頼感があるかどうか?

です。

もしこの条件をクリアしていなければ
なかなか厳しいと思います。


認知度と信頼感がなければ
これだとちょっと大雑把で、悪く取れば
「リフォームのことがわかんなければ、無料で教えてあげますよ。」
と「上から目線」とみられる可能性があります。

実はこの「上から目線」
そんなつもりはないのに結構やってしまいます。

チラシではないのですが
テレアポ(電話営業)でやってしまう人はかなり多いです。

テレアポで大事なことは
解りやすく「利点」を紹介して
興味を持ってもらい、アポイントを取ること。
なのでどうしても利点を伝えることに集中してしまいます。

「あなたが知らないこんなことを教えてあげる。」
「あなたができないこんなことを教えてあげる。」

そうすると相手はどう感じるか?
上から目線でモノを言われている感じがします。
これだとなかなかアポイントは取れないことでしょう。

ではどうすればいいのか?

以前私は運送会社で営業をしていました。

その会社では毎週月曜日がテレアポの日になっていて
営業マンが本社に集まってアポイントを取るのですが
大体5~6時間かけて3本のアポイントが平均の中
私は1時間で3本ぐらいアポイントが取れました。

ほとんどの人がテレアポマニュアル通りに
弊社を使うメリットばかりを伝えてアポイントを
取ろうとしていたのですが

私がやっていたことは
まずは質問をしていました。

「電話をしておいて恐縮なのですが○○ってどうゆうものなのですか?」
と質問します。

すると相手はどう思うか?
「お前そんなことも知らないで電話してきたのか?」

「しょうがない教えてあげよう。」
ってなります。
こうなればほぼアポイントは取れます。

ハッキリ言って
ある程度のことは知っていて電話しているのですが
あえて質問して、「上から目線ではない。」ことを植え付けます。

相手にしゃべらせることでコミュニケーションが取れれば
後は
それなら弊社のサービスはピッタリです。
お邪魔して詳しく説明させてください。」

って言えば、断られることはほぼなかったです。

上から目線では集客は難しい。
知らず知らずのうちに上から目線になっている。
ってことがなんとなく伝わったでしょうか?

では
何度か紹介しているこのチラシはどうでしょう?

住まい②.JPG

パッと見た印象でも
上から目線って感じはしないのではないでしょうか?

漠然とした「教えてあげる」という印象ではなく
失敗しないための4つの注意点
施工業者を選ぶ3つの基準が、
知って得するかも?知らないと損するかも?
というポイントを抑えていると思います。

相談会とセミナーという入り口の違いはありますが
最終目的は同じです。

まずは
失敗しないための4つの注意点
施工業者を選ぶ3つの基準
を集客商品として集めて

「なるほど」ってなった方に対して
個別に相談を受ける。形をとっています。

どちらが人を集められるかと言えば
もちろん後者ですよね。

外壁塗装 意識の高いお客を攻略する方法


先日、栄区の桂台地区にポスティングしてきました。

この地域の特徴は
昭和40~50年代に大規模な住宅開発をされた住宅地で
なんと5,000軒以上の戸建て住宅が並んでいます。

この地域に店舗を構えているリフォーム・塗装店は
ポスティングしながら確認できた店でも5件以上ありました。

起伏はけっこうあり、階段を登らないとポストがない家は
4分の1程度といったところでしょうか?

繁忙期?ということもあり
3区画に1件程度、塗り替えや、リフォーム中の家を見かけました。

しかも、ここ2~3年の間に塗り替えをしたのでは?
という家も多く見かけました。

おそらく、「10~15年に1度は塗り替えをするもの。」という意識づけが
かなり浸透しているのではないか?と感じました。

間違いなく、塗装に関する知識レベルが一般的な方より高い地域です。

こういった地域で
あなたのお店をうまくアピールすることができれば、
コンスタントに仕事が取れる確率は上がるはずです。

しかしながら
こういった地区は数多の塗装・リフォーム会社が狙っています。
チラシも頻繁にポスティングされていると思います。

そんな中でも、
あなたがライバルに勝つための3つの方法

をお伝えしたいと思います。

①あなたの店の独自性・他社との違い・
アピールポイントをわかりやすく伝えること。


これがうまくできるかどうか?でかなり変わってきます。

アピールポイントがない。
他社とに違いが見当たらない。

って方は

厳しい言い方をすると
こういった地域は手を出さない方が良いかもしれません。

タイミングよくあなたのチラシを手に取ったとしても、
わざわざ「御社の特色はなんですか?」なんて聞いてくれません。
あなたの店を選ぶ理由がなければ、反響にはつながりません。

ただ

手間をかけることでアピールできることはあると思います。

塗装屋さんなら、手間をかければ、誰でもできる。
アピールポイントを私は知っています。

チラシで何とか集客したいって方は
こちらから問い合わせください。⇒ 初回無料メール相談


②キッチリ・細かくポスティング。

誰でもできる単純なことなのですが、
階段の上のポストにチラシをポスティングし続けることというのは
やってみるとわかるのですが、相当きついです。

以前にバスケットボールのプロを目指していた子がバイトしていたのですが、
練習よりポスティングの方がキツイって言っていました。

山を切り開いた区画整理された住宅地には
階段を登らないとポストがない家はけっこうあります。

ポスティングする人の意識がかなり高くないと
階段の上のすべてのポストにポスティングはしません。
5%いるかいないかだと思います。

ましてや
自分のために自分でポスティングしても
挫けてしまう、諦めてしまいそうな場所なら

安さで決めたポスティング会社
スタッフが配るわけがございません。

同業他社がポスティングしていない
飛ばされてしまう階段の上のポスト。

しかも
ほかの地区より意識が高い人に
独占的に宣伝することができれば
反響が出る可能性はかなり高くなります。


③定期的にポスティング

まずは知ってもらうこと。
あなたのお店を、あなたのことを覚えてもらうこと。

1回だけ配っただけじゃ

知ってもらえません。覚えてもらえません。
ましてや同業他社もたくさんポスティングしている地域なら
1ミリも記憶に残らないかもしれません。

定期的にポスティングするこで


知ってもらえます。

覚えてもらえます。


定期的にポスティングできるのなら

お客さんにとって役に立つ情報を載せていきましよう。
あなたがどんな人なのか最近どんなことがあったのか
載せることで親近感がアップします。

親近感がアップすると勝手に信頼感がアップします。

そうなれば

あなたの店を選ぶしかない。となります。

共有サーバー