がっかり? 塗装チラシの反響率

9月に入り過ごしやすい日も増えてきました。
秋口にかけてチラシで集客をしようと検討している方も
多いのではないでしょうか?

今回は
初めてチラシを使って集客しようと思っている方へ
アドバイスを送りたいと思います。


1番気になるのは
どれくらい問い合わせはあるのか?だと思います。

ハッキリ言ってタイミングの善し悪しでほぼ決まってしまいます。

5,000枚配って
ちょうどタイミングよく塗り替えを検討している方に当たれば
3件ぐらい反響が出ることもあれば、1万枚配って0なんてこともありえます。

平均すると5,000枚で1件程度が平均値です。


5,000枚で問い合わせは1件程度。

すべてが契約まで行けるとは限りませんので
3件問い合わせがきて1件契約まで持ち込めるってところでしょうか?
そうなると15,000枚程度チラシを配る必要があることになります。


これが現実だとすると

それ程、良い集客手段ではないのでは?
チラシ配っても上手くいかないのでは?

と感じる方も多いのではないでしょうか?


一回やってみてうまくいかなかった。ってことで
やめてしまう方がほとんどのような気がします。

実にもったいない話です。

あなたもこのブログを見なければ
1回やってみて終了。になっていた可能性が高いかもしれません。

では
5,000軒のうちに1件しか塗り替えを検討している家がないのか?
と言えば絶対そんなことはありませんよね?

戸建てに1000枚チラシを配ると2~3件は塗り替えをしている
家を見かけます。(多いときは4~5件見かける時もあります。)

ということは

翌月塗り替えをする家は5000枚チラシを配った中に
10~15件(タイミングによっては20~25件)
あるってことになります。

330~500枚で1件(タイミングによっては200~250枚で1件)
問い合わせがくる可能性があるってことです。


じゃあどうすればいいのか?


一番簡単な方法は継続してチラシを配ること。

同じ地区に継続してチラシを配ることです。


あなたのお店に問い合わせがこない理由は
あなたの店を知らないからです。

100万円前後する商品を
あなたは知らない店から買いますか?
ってことです。

当たり前の話ですよね?

逆に言えば、

100万前後する商品を知らない店から買う人は
5000人に1人程度ってことです。



まずは

あなたの店を知ってもらう。
あなたのことを知ってもらう。

知ってもらうためには
継続して同じ地区にチラシを配り続けること。


毎月2,000枚程度でも継続して配り続ける事ができれば
必ずそこから集客できると思います。


塗装チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談



ポスティングの問い合わせはこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

塗装チラシポスティング アルバイトを使うのはどう?

リフォーム会社さんのチラシポスティングの
配布員募集のチラシが新聞に折り込まれていました。

ofuna.JPG

手書きで作られていて
カラーチラシの中にこういったチラシが入っていると
やたらと目立ちます。


それと

わかりやすいのもいいですね。

パッと見ただけで「何が言いたいのか?」
すぐにわかります。

簡単に作られているようでセンスを感じます。


※ポスティング業者からすると
「?」という部分がありますがその件は後ほど


さて

チラシポスティングで集客する場合

やり方としては3つのパターンがあります。


1、自分自身や社員でポスティング
2、スタッフを自分のところで管理してポスティング
3、ポスティング業者を使ってポスティング


どのやり方が反響が出る確率が高いか?と言えば

自分自身や社員でポスティング。で間違いないと思います。

ただ、
社員の場合はモチベーション次第でかなり変わってきます。
問い合わせがきた、契約につながった場合に
きっちりとインセンティブを決めておけば
モチベーションにつながり、それが反響にもつながります。

やりたくないことを無理やりやらされているのとだと
かなりの差が出ます。


それでは

ポスティングスタッフを自前で抱えるのと業者を使うのとでは
どっちが反響につながるかと言えば

自前の方がいいと思います。
※住友不動産は自前でスタッフを管理しています。

タイミングよく募集チラシを拾ったので貼っておきます。
住不募集.JPG
ただし、

業者を使うより、お金と手間が掛かることは覚悟しておいてください。

ポスティングスタッフを集めることも
キッチリ配らせる管理体制も

失敗から学ぶ経験が必要かもしれません。

やはり

まずは自分自身で配ってみてどうだったか?
経験することをお勧めします。


日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。

あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。
詳しくはコチラ
特別企画 キッチリ配らせる管理体制は必見です!


PS

上記のチラシで
ポスティング業者からすると「?」という部分なのですが


公田町が7,300円で小山台が12,100円となっています。

おそらく、配る枚数の差が金額の差になっていると思うのですが


公田町(起伏が激しい地区)は、戸建てだと1時間に100~130枚
小山台(区画整理された住宅地)だと170~200枚が配れる枚数です。

仮に、チラシ1枚の単価が6円とすると

公田町の時給が 600~780円
小山台の時給が 1020~1200円

このチラシをポスティングアルバイト経験者が見たら
公田町の方は誰もやらないと思います。

リフォーム業 認知度があれば大手にも勝てる?

以前書いた記事 「リフォームチラシ小は大を兼ねる?」で

B3にするメリットとして

・インパクトがある。
・情報量を多く載せられる。
・文字を大きくできる。(老眼鏡なしで見れる?)

こと
と書いたのですが、もう一つありました。

・大きい会社だと思われる。

もしかしたらこの部分が一番大きいのかもしれません。

大手なら安心
なんかあった時ちゃんと対応してくれる。
確かにこういった考え方をするお客はいると思います。


私の考えは2つ。

①そんなお客は相手にしない。
背伸びせず身の丈のあったことをすればいいだけです。

引っ越し屋さんを例にすると

大手・思い浮かぶ引っ越し屋と言えば

・アート引越センター
・日通
・引っ越しのサカイ

とかでしょうか?


特に

アート引越センターは

他の中小の引っ越し屋と比べると
料金が倍だったりします。

相見積もりを取ったら
アート引越センターを選ぶ人はほぼいない気がします。

アート引越センターを選ぶ人は
引っ越し屋と言えば アート引越センター。とインプットされていて
相見積もりを取らずに決めてしまっているのでは
ないでしょうか?

リフォームに関してもそういった思考の人は
はっきり言ってどうしょうもないので
無視してください。


②知ってもらえれば大手にも勝てる?

リフォーム・塗装のことなら○○店



あなたの店を思い浮かべてもらうことができれば

あなたの勝ちです。

大手の強さは安心感と認知度ですよね?

安心感とは

大手だから安心という「権威の部分」だけではありません。

知ってる店にも安心感があります。

・どこにあるか知っている。
・どんな人がやっているか知っている。

そして

・どんな思いでやっているが知っている。

となれば、

あなたのお店が選ばれる確率は
高いのではないでしょうか?

まずは知ってもらうこと。認知度を上げることが重要です。


アート引越センターも最初は小さな会社だったはずです
今の位置を得るのに大きかったのがテレビCM。

引っ越しと言えば アート引越センターと認知されたのは
広告の力が大きかったからです。


広告の力はわかる

しかし

広告にかける予算がない…

チラシを使えば低予算で始めることができます。

まずは店舗中心半径500圏内の方に知ってもらう。
ことから始めてください。

中学生のおこずかい程度で始る方法はコチラ⇒5,000円 チラシ集客法!

何度も言ってますが

継続することができるかどうか?が大切です。

無理にお金を掛けずに始めてください。

継続することができれば
あなたのお店を知ってもらえます。(認知度が上がる)

あなたの店がどんな店なのか?知ってもらえれば
安心感を得られます。

安心感を得られれば
あなたの店が選ばれます。



やったほうがいいのはわかるけど
なかなか始められないあなたへ⇒行動に移すきっかけを作る方法


株式会社ピンポイント ℡045-383-9108
共有サーバー