塗装業界が「詰まれた」チラシかもしれません。

他の都道府県のことはわからないのですが

神奈川県の中小、個人経営の塗装業のみなさん。

今のうちに「かながわ生活コープ」と
提携をしておいた方が良いかもしれません。


かながわ生活コープの
シロアリ対策のチラシが新聞に折り込まれていました。

こちら
omote.JPG
ura.JPG

「シロアリは塗装業のうちとは関係ない。」

と思うかもしれませんが


シロアリを集客商品に
家の塗り替えやリフォームを取りに来ていると思います。

大げさに感じるかもしれませんが
「塗装・リフォーム会社を淘汰する詰みの一手を打ってきた」
と感じました。

シロアリ駆除業者って
悪質なイメージがあるのは私だけでしょうか?

元シロアリ駆除会社で働いていた人に
「結構酷いな」って話を何度も聞いたことがあります。


過去に騙された。

悪い噂を聞いた。

※騙されていることに気づいていない。
なんて人もいるかもしれません。

シロアリのことは心配だけど

どこに頼めば安心なのか?騙せれないのか?
わからないって方はけっこういるのではないでしょうか?

その点、わけのわからない会社より
生協はネームバリューがあるので安心感があります。

「無料なら一度見てもらおう!」
と思う方は確実にいることでしょう。




アポイントが入ります。


そうなれば

シロアリのことだけではなく状況に応じて
塗装やリフォームを勧めることができます。


仮に、その場で契約に至らなかったとしても
かながわ生活コープの掲げている理念は

・住宅工事被害を無くすこと。
・悪質な業者を撲滅すること。

を掲げていますので


・悪徳業者の見分け方
・見積価格の適正判断
・施工業者の倒産の危険性など



なぜ生協を選んだ方がいいのか?をキッチリ教育してくる。

となれば


家のことで何かあったら「生協」が安心。
と植え付けられる方は少なくないと思います。


それがたとえ

「真実ではない。」としてもです。

家のことなら「生協」というイメージは
まだそれほどないと思いますが

インフラが整い次第、一気に広告を打ち
認知度を上げてくるかもしれません。


そうなる前に

生協から仕事を貰えるようになる



もしくは

「あなたの商圏を死守する。」ことを
今からしていく必要があると思います。


あなたの商圏を死守するためのヒントを
このブログで書いています。
ぜひ読み漁ってください。

「いいね」と思った塗装チラシを添削してみました。


本日新聞に折り込まれていたA4チラシです。

IMG_20180405_085131.JPG

どうですか?

「うちの家もそろそろ」と意識している方なら
目を通してもらえる確率は高いと思います。

書いてある内容もいい感じです。

要約すると

・塗装工事には落とし穴がある。
・手抜き工事は一般人はわからない。

と不安を煽り

・信頼できる業者とは?
・見積の比較ポイントは?
・金額の相場は?
・長持ちさせる秘訣は?


と知りたくなるという知識欲を煽っています。


オファーが

先着15名限定
博士号取得(権威)の講師の
業者の見極め方の無料講座


更に

失敗しない外装塗装マニュアル7つのポイント
無料プレゼント。


良くできていると思います。

あえて難癖をつけるとすれば

会場内でのセールスは一切ありません。
って部分をもう少し強調した方が良いってこと。



裏面に1か月分の開催スケジュールを載せているのですが
開催場所ごとにチラシを作った方が反響が良いと思いました。

参考まで


PS.

チラシって

カラーで作らなければダメって
刷り込まれている方はけっこう多いのですが
これは印刷会社の策略?(カラーチラシの方が客単価が上がる。)です。

特に新聞折込だと一緒に色んなチラシが折り込まれているので
カラーよりも白黒の方が目立ちますし
B4のチラシの方が圧倒的に多いのでA4の方が目立ちます。



逆に
ポスティングですと圧倒的にA4チラシが多いので
B5の方が良いです。

B5をおすすめする理由は

・A4よりも配りやすい事。
・載せられる内容はほぼ大差がないこと。

そして最大の理由が

チラシが生き残る可能性が高い事。

ポストにはいろんな大きさ、種類があります。
A4ではそのまま入れられないポストもけっこうあります。

最初から2つに折ってあればいいのですが
折ってないない形状でポスティング会社に納品された場合、
そのまま入らないポストには
現場のスタッフは軽く丸めて(Uの字)の状態で投函します。

するとどうなるか?

他の郵便物、新聞、チラシなどが入る前にチラシを
ポストから取り出してもらえれば問題ないのですが
そうならないことの方が多いと思います。

するとどうなるか?

後から入れられた郵便物等に
チラシが押しつぶされてぐちゃっとなります。

チラシがぐちゃっとなってしまうと
ゴミにしか見えなくなります。

せっかく配ったチラシが
ゴミにしか見えなくなってしまいます。

B5のチラシですと
そのままポストに入れらてるケースがけっこう増えます。

ぐちゃっとなって死んでしまったA4チラシと
綺麗な状態で生き残ったB5チラシ


この差はけっこう大きいです。

塗装チラシ 反響 800枚で1件でした。

先日、記事にした栄区桂台地区のポスティングなのですが
見ていない方はコチラ⇒外壁塗装意識の高いお客攻略する方法

クライアントから「5軒の見積依頼がきた。」と連絡が着ました。

新築や築浅、塗り替えしたばかりぽい所は忖度して、
実際にポスティングしたチラシの数は4,000枚弱だったので
反響率は800枚で1件を切った感じです。

ポスティングしている中で
思うところがあったので記事にしたのですが
私が思っていたより、反響が出ました。

ただ

私がポスティングしたから反響が良かった。
って言いたいところですが、
私だけの力ではないです。

もちろん階段の上のポストも老体に鞭をうって
キッチリポスティングした効果もあると思いますが

下地ができていなければ難しかった。
と思います。

そのクライアントさんがその地域に私がポスティングする以前に
何度もポスティングしていたのが大きかったはずです。

家の塗り替えに対する意識が高い地域は

近所の家が塗り替えをしたってなれば
自分の家がみすぼらしく見えてしまうってことで
(特に日本人の女性は同調現象をが強い傾向があります)ので
「自分の家も塗り替えなけらばならない。」ってなってしまいます。

チラシを見て、ネットで調べて、近所の人に評判を聞いて
どの塗装会社に頼むか比較検討しています。

しかし
あなたがこういった地域に初めてチラシをポスティングしても
残念ながらそれ程反響は期待できません。

こういった地域はライバルの塗装会社も狙っています。
毎週のように塗装会社のチラシがポスティングされています。

新参者がたった1回のポスティングで勝つには
相当魅力的なチラシをポスティングする必要があります。

1回のポスティングで反響がバンバン取れるチラシをお持ちなら
塗装に対する意識が高い地域を狙ってポスティングした方が
効率は良いと思いますが…

さて
魅力的なチラシを作る。
ハードルが高いと感じたかもしれませんが

ある程度の認知度を作ることができれば違ってきます。
必要最低限の条件をクリアしたチラシなら十分対抗できます。

そのためには定期的にポスティングすることが重要です。

そして
階段の上もキッチリ配ることで
800枚で1件の反響が取れるようになれます。


前回の記事外壁塗装意識の高いお客攻略する方法では
ライバルに勝つための3つの方法を書いてますので
確認してみてください。


そして

魅力的なチラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談
ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108



日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。
あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。

詳しくはコチラ⇒特別企画






共有サーバー