外壁調査・外壁診断を取る方法


ポスティングをしていると
築10年経っていても新築と見違えるような家もあれば
コケだらけの家や劣化の激しい家があります。

建っている場所の環境や手入れをしているかどうか
それと手抜き工事
でかなり変わってくるようですね。

ちなみに
なんでポスティング屋が築10年の家がわかると言うと
SINCE 2007 なんてポスト周辺に文字があったりするからです。

さて
あなたが定期的に外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査ができ、
簡単に直ることなら無料や格安で補修できれば

家のことなら○○さんとなり

かかりつけのお医者さんのようになってしまい
塗装の時には相見積もりされずにあなたのお店に依頼される
可能性は高いですよね。

さらに
緊急オペが入る可能性もあります。(笑)


こういった見込み客を数多く持つことができれば
安定的に商売を回せるようになれます。


しかし

無料ですら
外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査を
やりたくても依頼が取れない…
という方がほとんどだと思います。

ホームページに力も入れても、
たまにチラシをポスティングしても

なかなか難しいと思います。


1番の理由は?

接触回数が完全に足りていないからです。

接触回数が足りてないどころか
あなたのお店のことをまったく知りません。


接触回数を増やせば、

あなたのお店を知ってもらえます。

どこにあるのか知ってもらえます。

あなたのことを知ってもらえば

外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査の
定期検診を受け入れてもらえます。

簡単に直ることなら無料や格安で補修できれば

あなたのことを信頼し、

「家のことなら○○さん」になれます。

定期的にチラシをポスティングすることができれば
外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査の定期診断を
依頼されるようになれるんです。


家の塗装の話ではないのですが
私は20年以上前に外資系の保険会社の営業をしていました。
当時、その会社の知名度はほとんどありませんでした。

どうやってお客をつかんだかというと
飛び込みで商店街などをまわり、
まずは安価の商品のがん保険や医療保険を
契約してもらいます。

もちろん安価な商品だけではそれほど儲かりません。
儲けるためには、そのお客さんが契約している生命保険を切り替えてもらう
ことが目的です。

しかしながら

「保険証券を見せてください。」と言っても

「はいどうぞ」という人はまずいませんよね?


では、どうするか?


定期的に顔を出し、世間話をしているうちに
「保険証券」を見せてもらえるようになります。

当時は知り合いの付き合いで保険を契約している人が多く
どんな保険に入っているかよくわからない人も多かったので
保険証券さえ見せてもらえば、今、入っている内容を説明するだけで
切り替えてもらえる可能性は高かったです。


接触回数の重要性がなんとなく伝わりましたでしょうか?




チラシには

ほんの小さな破損から雨水が侵入して家を腐らす。
本当にあった事例などを伝えたり、
知って得する知らないと損する情報や
あなたのまわりで起きた出来事などを載せてください。


とにかく

一番大切なことは定期的に続けることです。

継続することができるかできないかの差だけです。

塗装チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談


問い合わせ先: ㈱ピンポイント 田島宛 ℡045-383-9108



共有サーバー