リフォームチラシ 小は大を兼ねる?

本日日経に折り込まれていたチラシです。
チラシのサイズはB3で折り込まれていました。

スペースアップ表.JPG

「大は小を兼ねる」という言葉はご存知だと思いますが、

チラシでもその通りなのか?
B3の方がB4より反響が取れるのか?

一番良いのは両方試してみて費用対効果を調べる
ことなのですが、

B3にするメリットは(B3はB4の倍の大きさです。)

・インパクトがある。
・情報量を多く載せられる。
・文字を大きくできる。(老眼鏡なしで見れる?)

ことなのですが
B3とB4どちらが良いかと聞かれれば、

私はB4をお勧めします。

B3で折り込むことでチラシに目を通してもらえる確率を
どれくらい上げられるのか?は微妙だと考えます。

リフォームや外壁の塗替えを検討している(意識が高い)人が
このチラシがB4で折り込まれていたとしても、
無意識でアンテナを張っているので
目を通してもらえる確率はそれほど変わらない
と思います。

では
リフォームや外壁塗装への意識がそれ程強くない。
まだちょっと先の話だと思っている方だとどうか?
インパクトに釣られて目を通す確率は上がるかもしれないし、
変わらないのかもしれません。

さらに
意識が低い。当分先の話と考えている方だとどうか?
それ程変わらないか、逆に情報量に圧倒されて、思考を遮断する可能性もあります。

それに一番の違いが料金です。

B3でチラシを作ることで
折り込み料は1枚あたり約1.5円位 高くなります。
チラシを半分に折る費用も0.5円位 かかります。。
印刷代も2倍になります。


一番来店して欲しい 
リフォームを検討中の方(意識の高い人)の
反応はB4と差がでない
とすると

チラシでは小が大を兼ねるのではないでしょうか?

チラシサイズの話はコチラも一緒にご覧ください

PS

このチラシは「大人の事情」が反映されている??

チラシの裏面をご覧ください。
スペースアップ裏.JPG

チラシをよく見ると

・全国リフォームコンクール最優秀賞のデザイナーが在籍する相談コーナー
・外壁塗装基礎知識のセミナー
・お菓子のつかみどり
・施工事例のパネル展示
・前回参加者の声
など
集客につながる可能性が高いパーツがせっかくあるのに

一番目立つのはメーカーの商品郡です。
(メーカーの意向が強く反映されている?忖度を優先したせい?)
なのかは解りませんが

もったいないです。見せる順番が間違ってます。

B3で情報量が多い中、せっかく興味を引くイベントがあっても

パッと見た瞬間に

「システムキッチンのチラシね。必要ないわ」と
一瞬の判断でゴミ箱行きの可能性が上がってしまいます。

パーツを組み替えるだけで反響の差はかなり出ると思います。

チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談


ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108
共有サーバー