梅雨だからこそリフォームチラシポスティング


関東地方は梅雨入りしましたね
本日横浜は梅雨入り後久しぶりに雨が降っています。


さて

雨が降らないと気にならないのが雨樋です。

気になっている時にチラシが入っていれば
興味を持って見てもらえる確率は上がる
と思います。

梅雨時は最もタイムリーな時期になりますよね?
「台風や雪でしょ!」という意見もありそうですが(笑)


今回は
雨樋チラシのヒントです。

お客からすると一番気になるのが
一体いくらかかるのか?って部分です。
ネットで相場を見てみると 1万~45万円

「10万以内なら治したいけどそれ以上はちょっと無理」と
とりあえず我慢で先延ばし。なんて方もいるんだと思います。

やって欲しいことは

雨樋の修理やそうじを
あなたが一番安くできるパターンはいくらなのか?
考えて金額を出してみてください。


金額が決まったら

そのケースはどういった場合なのか?
わかりやすくまとめて下さい。



1階部分の足場が必要ないケースとか

ハシゴで対応できるそうじの場合とか


なぜ
わかりやすくまとめる必要があるのか?と言うと

仮に

雨樋修理 3,000円~ とチラシでうたっていたとして
安そうだと思い問い合わせた人が
実際見積り料金が 6万円とか言われると

お客からすると想定外の金額だったりします。

「やっぱり後付でそうきたか!」となり

「最初から言えよ!」と不信感を持たれます。

地元で商売をしているとしたら
そうなると死活問題になります。

悪いうわさはあっという間に広がりますからね。


このパターンだったら安くできるとわかりやすく載せておくことで
「あなたの家の場合はココが違うので追加料金が〇〇円掛かります。」
と説明すれば「なるほど」と納得するはずです。

「最初から言えよ!」と思われるのと
「なるほどね」と思われることとでは

結果も、信頼も大きく変わってきますよね。



もしあなたが梅雨時期に雨樋のチラシを作ってみようと思ったなら
ご相談下さい。

シロウトなのでちょっと抽象的な表現になってしまいましたが
具体的な内容を逆に教えてもらえればアドバイスはできると思います。

初回無料メール相談

PS

考え方として 簡単な補修工事なら激安価格でやってあげるという手もあります。
良心的だと思われることができれば
「家のことなら〇〇さん」と信頼され、大きな工事の時にも相談されることでしょう。

ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108
共有サーバー