リフォームチラシ 集客商品の使い方


集客商品とは
主力商品や利益率の良い商品で広告を出すのではなく
お客にとって「お得!」と感じてもらえる商品を使い
問い合わせや来店を促すこと。

参考になりそうなチラシが新聞に折り込まれていましたので
紹介します。

畳.JPG
あなたも何度か目にしたことがあると思います
典型的な集客商品を使ったチラシですね。


集客商品チラシの基本は

地域限定
人数限定
期間限定



特別単価

という作りになっています。

ただ
チラシで集めたお客に集客商品を売っても
おそらく利益はでませんよね?

ここで必要なのは

「松竹梅 商法」 です。
※私が勝手に名づけました。(笑)


このチラシを例にすると

通常価格2,500円を2,000円(梅)を集客商品にして

(竹)3,800円
(松)6,000円

※値段は適当に考えました。

を用意しておき(※集客商品以外はチラシには載せない。)

アポイントを取ったお客だけに対して
※問い合わせのみは避けたほうが良いと思います。

2,000円(梅)と(竹)と(松)は
どう違うか?メリットを紹介します。

そうすることで
もちろん2,000円のものを選ぶ人もいるのですが
竹を選ぶ人がかなり多く出るんです。


日経に出ていた池上彰氏のコラムで

大学生に
1,500円と3,000円のうなぎをどちらを選ぶかを
質問した場合 

1500円を選ぶと答えた人 90%
3000円を選ぶと答えた人 10%

これに2,000円のうなぎを追加して質問をしてみたところ

1,500円を選ぶと答えた人 30%
3,000円を選ぶと答えた人 10%

2,000円を選ぶと答えた人は
なんと60%になったそうです。
私もおそらく2,000円のうなぎを頼んじゃうと思います。(笑)

まずは

①あなたが売りたい商品を決める(竹)


②(梅)安い商品・安くできる条件(集客商品)と
(松)グレードの高い商品を用意する。
※チラシはもちろん集客商品のみで作る。

③アポイントが取れたお客さんだけに
松竹梅の商品の説明をし
お客に選んでもらう。


結果
売りたい商品(竹)を選んでもらえる。

メリットデメリットをしっかり伝えることができれば
客単価も上がりますし、次回もあなたの店を選んでもらえます。

ぜひ

考えてみてくださいね。


PS

紹介したい商品が3つ以上あっても
3つに絞ったほうが良いです。
選択肢が増えるとお客が迷い、安い方を選ぶ可能性が高まります。



PPS.

この手のチラシでは

「チラシの値段と違った」
「後付で高くついた。」
「ぼったくられた。」
「〇〇は詐欺」

などの意見がネット上に出ていたりします。

無理矢理「売りたい商品をゴリ押し」すると
悪いうわさはあっという間に広がります。

大切なのは

お客さんに3つの中でどれがいいか?選んでもらうこと。

メリット・デメリットをわかりやすく伝えることで
あなたが売りたい商品をお客が勝手に選んでくれます。


リフォームチラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談


ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。
あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。

詳しくはコチラ⇒特別企画


共有サーバー