あなたのリフォームチラシの反響が出ない2つの理由

今回も新聞に入っていた
リフォームチラシを勝手に添削してみました。

今回は
かなりディスってます。(笑)
このチラシを作った方が見たら怒られてしまうかもしれません。
まずはチラシを御覧ください。
ヤマシン表.JPGヤマシン裏.JPG

クイズです。

このチラシでは
なくてはならないモノが抜けていて、
やってはいけないことをやってしまっています。

それは何でしょう?

ちょっと考えてみてください。

それではどうぞ


このチラシが伝えたかったことはおそらく
「リフォームの事なら何でもお任せ」ってことですね。

しかしこれだと反響率は
良くても 5,000枚で1件程度。だと思いいます。
1万枚配っても1件も反響が出ない可能性すらあります。

なぜか?

大きな理由が2つあります。

ひとつ目は

このチラシには
「キャッチコピー」がありません。


新聞折込だと
1枚のチラシに目を通す時間は0.5秒と言われています。

このチラシに与えられる「たった0.5秒」で
「私にとって見る価値があるかどうか?」判断され

価値があると判断されれば チラシを見てもらえ
価値がなければそのままゴミ箱行きです。
運命の分かれ道です。

チラシの一番 目立つ部分にキャッチコピー
「興味を引いてもらう言葉を載せる。」ことが大切です。


ふたつ目は

メニュー表では反響は取れないということ。

あなたがメニュー表を見る時はどんな時でしょうか?

「どれにしようかな?」
「どんなメニューがあるのかな?」



すでに

やることが決まっていて行動に移す時ではないでしょうか?


逆に
まだどうするか決めてない時に

「これどうですか?」
「これなんかお得ですよ?」
「あなたにはこれがおすすめです。」

と言われてもウザいだけです。

さらに
もし結露対策に悩んでいる人がいたとしても
小さく載せているだけだと
見逃してしまう可能性も高いです。

チラシをゴチャゴチャさせてしまうことで
機会損失をしてしまう可能性も高まります。

「これも出来ます。」「あれも出来ます。」と
伝えたい気持ちは痛いほどわかりますが、
伝えるタイミンが違います。

自分がやられると好ましくないことを
チラシでけっこうやってしまいます。

あなたのチラシはどうですか?
「メニュー表」ぽくないか?チェックして下さいね。

このチラシだけを使って新聞折込で集客するのには
「これでもか!」というくらい定期的にやらないと厳しいと思います。

では私だったらどうするか?

何かひとつ 商品を選んでチラシを作ると思います。


商品を選び

・その商品があれば「どうかわれるのか?」
・どんな人ならその商品が喜ばれるのか?
・どんな悩みを抱えている人ならその商品でその悩みを解決できるのか?

を考え仮説をたて

〇〇に困ってませんか?
〇〇で〇〇を解決できます。
とキャッチコピーを決め

商品を紹介

事例

お客さんの声

今なら〇〇円と
集客商品でオファーをかける。

ざっくりいうとこんな感じです。


「色々出来ます。」をどうしてもアピールしたいのであれば
もともとあったチラシをサブとして一緒にポスティングして下さい。
※こちらの記事もぜひ一緒に読んで下さい⇒ひと手間かけると反響率が上がる方法

リフォームチラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談
ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108
ごめんなさい。横浜市・神奈川県以外の方は
こちらを参考にして下さい⇒ 行動に移すためのきっかけ作り

 



共有サーバー