反響が出る リフォームチラシの作り方②

リフォームチラシではないのですが
新聞折込にこんなチラシが入ってました。

国民共済.JPG

65歳以上のけがの約8割が住宅内でおきています。
身近に潜むケガのリスクに備えませんか?

すばらしいキャッチコピーです。
リフォームチラシとしても使えそうです。


しかし残念ながら

このチラシでは すぐに下に保険のオファーをしています。

これだと反響はあまり期待できません。

なぜなら「売り込みチラシ」になってしまっているからです。


「65歳以上のけがの約8割が住宅内でおきています。」
というキャッチコピーを見て感じることは何か?

「保険に入らなきゃ!」 
ではなく

まずは
・どんな場所、何をしている時にケガをしているのか?
・私の家に潜むリスクってどんなことだろ?
・高齢者がケガを減らす対策はあるのか?

ということだ思います。

この部分が 「知って得する。知らないと損をする」情報です。


ネットで 「高齢者 ケガ 住宅内」で検索したら出てきました。

※高齢者白書 2016版 参照

発生場所

1位 居室 45.0%
2位 階段   18.7%
3位 台所   17.0%
4位 玄関 5.2%
5位 洗面所 2.9%
6位 風呂場 2.5%
7位 廊下 2.2%
8位 トイレ 1.5%
その他 4.4%

階段や風呂場が多いのかと思いましたが
「普通の部屋の中」がダントツでした。


家庭内事故時のきっかけ


1位 転落  30.4%
2位転倒 22.1%
3位触れる 14.5%
4位刺す・切る10.1%
5位誤飲 9.3%
6位ぶつける 6.8%
7位ガス吸引 0.6%
その他 3.7%

階段や台からの転落が1位ですが
若いうちには家の中ではあまりない転倒が2位につけています

ちょっとした段差につまずいて転んでしまうことが
多いことが分かります。

私もポスティングとかをしていると
ほんの僅かな出っ張りにつまずいて転びそうになることは
よくあります。若い時にはなかったことです…



事故を防ぐための注意点 (国民生活センター 引用)

・高齢者は2つのことを同時に行うことが困難。
 何かの動作中に別のことに注意を向けることが難しい場合転びやすい傾向がある。
 特に75歳以上では骨の構造が弱くなっていくため、転倒や転落によって骨折しやすい。

・自分がどの程度のことで転倒するのかを知る。
自分が出来ないことは他の代替機能を利用するなどして事故予防

・階段には手すりや照明器具を設置し、階段の周りにものを置かないようにすること。

・高所での作業は1人で行わないようにすること。

・食事の際には適量を口に運び、ゆっくり食べることを意識。

・飲料と間違えてしまうような液体などは手の届くところに置かない。

・火を使うときには衣類のそでやすそに注意。

・浴室と脱衣場の温度差を減らしたり、湯温が熱くなりすぎないよう管理

・商品選びを工夫しましょう



というような

「知って得する。知らないと損をする」を教えてあげる。

その後で

「こうするともっといいですよ。」とオファーをかける

バリアフリーなどのリフォームチラシなら補助金や減税のことも
教えてあげると良いと思います。


「知って得する。知らないと損をする」を教えてあげる。

最大のメリットは
あなたのお店の信頼度が上がるとこと。


もちろんタイミングが良ければ
その「たった1枚のチラシ」からオファーをもらえる可能性もありますが

信頼度が上がることで

「見積りに参加できる権利」をもらえます。

「これは良いこと書いてある。」と思われれば チラシを保存してくれたり、
もしかしたら、壁に貼ってくれるかもしれません。


定期的に「知って得する。知らないと損をする」を与え続けることができれば

「リフォームのことなら〇〇店」と思ってもらえます。

相見積もりではなく「あなたのお店」を選んでもらえる。
可能性が高まります。


あなたがもし

・悩んでいること。
・不安に思っていること。
・しなくてはいけないこと。
・知りたいと思っていること。
・欲しいと思っていること。
の情報を

「教えてくれるお店」が近所にあったら
どう思いますか?



PS

情報量が多すぎるとゴチャゴチャしたわかりづらいチラシになる可能性もあります。
テーマを絞って定期的にチラシを作ることをお勧めします。
それかホームページやブログに誘導するのもありです。 詳しくは 「〇〇で検索」など

リフォームチラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談

ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

ごめんなさい。横浜市・神奈川県以外の方は
こちらを参考にして下さい⇒ 自分でポスティングを続けるために



共有サーバー