49点のチラシでも90点のポスティングをすれば反響は出ます。

49点のチラシを作る?
ようは平均点以下のチラシでもきっちりポスティングすれば反響はでるという話

しかも チラシ作成の経費は 1,600円~5,000円しかかからない方法です。

まずはチラシを作るポイントから

手書きでも構いませんよ。

①キャッチコピー
②それに対する答え
③事例、お客さんお声、自己紹介(あなたの仕事に対する思い
仕事を始めたきっかけ、お客さんに言われて嬉しかったこと)等
④集客商品
⑤アクセス方法、問い合わせ方法

という流れです

キャッチコピーに持ってきやすいのが
多くの方が抱えている
悩み、不安、欲望 に訴えかけることなのですが

まずは あなたの商品・サービスで
どんなことができるのか?どんな人なら喜んでもらえるのか?
どんな悩みを抱えている人の役に立てるのか?
を考えて下さい


〇〇にお困りの方へ

〇〇がお悩みの方へ

〇〇になれたらどうですか?

それに対する

〇〇になれます

「本当かな?」と思った人に対して
事例・お客さんの声

「どんな人がやってるのかな?」と思った人に対して
自己紹介(あなたの仕事に対する思い
仕事を始めたきっかけ、お客さんに言われて嬉しかったこと)等

集客商品

ここではあなたが売りたい商品・サービスではなく
お得だと思われる商品・サービスです。キャッチコピーとも
連動させて下さいね


地域限定
雨トヨ点検無料サービス

雨トヨ 修理 通常〇〇円のところ 〇〇円

先着20名様限り
外壁コケ落とし 通常〇〇円のところ 〇〇円

先着20名様限り
網戸の張替え1枚無料サービス

まずは問い合わせをもらうこと
その先につながる商品・サービスは、当然用意しておいて下さいね。

とりあえずチラシはこんな感じでオーケーです。

何万もかかりませんのでさくさくっと作って下さいね

できあがりが不安な方は 初回無料で添削します
コチラからどうぞ

チラシを印刷
1,600円でチラシを作る方法
5,000円でチラシを作る方法

さて

ここからはポスティングの話になります

横浜市内の方でしたら弊社で日本一のポスティングをしますので
こちらからご連絡下さい
℡045-383-9108

それ以外の地域の方は残念ながら
ポスティング業者を探すことはなかなか難しいです

なぜか?
100%ポスティングする業者が残念ながら殆ど無いからです。
見つけられたらラッキーです。多分、配布料金は高いと思いますが
2,000枚程度で試して下さい。

見つからなければ妥協をせず、まずは自分でポスティングして下さい
今後書きますが、自分でポスティングするメリットはものすごく有ります。
その地域を知ることである程度、
きっちりポスティングする業者かどうかもわかるようになります。

通常
ポスティング会社は 
世帯数に対して7割程度の配布をします。
1000世帯中700世帯を配ります。

なんで100%配らないのかというと

安く仕事を受けていると
金額が合わないからです。

7割配るのと10割配るのですと
配布時間が2倍以上違います。

わかりやすく説明すると

白い紙を「7割程度黒く塗ってください」
と言われればすぐできると思いますが・・・
「白い部分を残さず塗ってください」
と言われればかなり時間がかかりますよね。

1000世帯のうちの300世帯は
チラシが入っていないことになります。

この300世帯が
同業社のチラシが入っていない
独占市場になります。

他のチラシもポスティングされている700世帯は
一瞬のうちに、いるか?いらないか?判断されます。

必要な時に入っている
業社に問い合わせが行ってしまいます。
「ちょうどよかった」と必要な時にポスティングされているかどうか?が。
勝負の分かれ目になります。

広告費をザブザブ出せる大手企業の戦略です。


しかし残りの300世帯は
たまにしかポスティングされない世帯なので

必要かどうかきっちり判断し
必要と思えば保存してくれます。

配ってから3カ月後に問い合わせ 
があったりします。

しかも
大手の同業者が同じ地区でポスティングしていたとしても
その300世帯はほとんどポスティングされてません。

なぜなら 大手企業の広告の担当者は、
安くポスティングする所を探すのが
仕事だからです。

自分でポスティングするポイントについては次回と致します。





















共有サーバー