反響の出る恐怖のリフォームチラシ

まずは小さな工事を取り
信頼関係を築き次回につなげる。

そのために
集客商品を前面に出してチラシを作る。

今の季節 リフォームチラシなら

窓の結露に悩んでいる方は多くいますので
反響が出やすいテーマだと思います。

以前に書いた記事では
自分でできる結露対策を教えてあげて
「自分でやるのは面倒くさい」と思う方を
「思ってたより安くできるし頼もうかしら」
と思わせる流れでしたが

今回は違ったアプローチになります。

テーマは「恐怖を煽る」です。

人が最も反応しやすい事は

・悩み・不安の解消。
・欲望をかなえる。

そして

・恐怖 です。

以前、私はガン保険を飛び込みで売っていました。

簡単な流れを話すと

まずは
「あなたはガンになる。」と思わせる。
しかし
今の時代、「ガンは治る。」と思わせる。
しかし
「お金がたくさんかかる。」と思わせる。

ガン保険は
1日缶コーヒー1本の値段で入れる。
しかも
10年間ガンにならなければ 10万円のお祝い金がでる。

中には
「ガンになったらなったであきらめる。」って方もいますが

そういった方には
「あなたは良くても、あなたの家族はそれを許さない。」

ここまで持っていければ、ほぼ契約です(笑)

では
本題です

結露対策で恐怖チラシを作る。

ピンときたでしょうか?

「肺真菌症」って怖い病気があるそうです。

ストレスや疲れなどによる免疫力の低下が主な原因で
肺がカビに感染して発症します。
菌の種類により健康な人も感染するケースもあるそうです。

対策は
真菌は空気中至る所に生息しているので
吸い込む量を減らすしかない。とのことです。

となれば
カビの量を減らすしかない。

カビを多く発生させているのが

そうです。
初夏のエアコン
(ハウスクリーニングもやっているなら6月頃に)

冬の結露です。


キャッチコピーは

あなたの止まらない「せき」
原因は「窓の結露」かもしれません。




「どうゆうこと?」と思った方に

・肺真菌症の説明

・対策



今ならキャンペーン中!
(先着20名限り)(○○日まで)(○○町の方限定)
1窓 ○○円 工事時間 1時間程度です。


参考になりましたでしょうか?
「いいね」と思ったら即行動です。
もたもたしていたら季節が変わってしまいますよ!

こちらの記事も一緒にご覧ください。

リフォームチラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談
ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

中途半端な立ち位置の対処法

日経新聞に

「モス苦戦、消えた持ち味」という記事が出ていました。


鶏肉偽装問題から復活し、最高益を見込む
マクドナルドとの差は広がり

シェイクシャックなどの高級ハンバーガーなどの
3位以下の同業者からもお客を奪われているとのこと

モスバーガーの問題点は2つあり

①高くも安くもない中途半端な料金設定

②売りにしていた健康志向の商品が
他の外食店が続々と健康メニューを打ってきたことで
お客の選択肢の広がり、「健康=モス」ではなくなったこと。

新たな魅力作りをしない限り
埋没しかねない状況だ。とのことです。

あなたも
モスバーガーはこのまま埋没していく。
と感じますか?


私の意見はちょっと違います。

広告宣伝が足りてないだけ。だと思います。


モスバーガーの認知度はかなり高いです。
他のハンバーガー店との違い(独自性)もあります。
商品の企画力も他社に負けていないと思います。

モスバーガーってテレビコマーシャルしてますか?
テレビはそれ程見ないのですが
最近見た記憶が私にはありません。


広告宣伝をすれば(増やせば)

「最近、そういえば モスバーガー食べてないな。」って方を

「なんだか久しぶりに食べたくなってきた。」

と思わせられると思います。

今人気の有名人などに
モスバーガーのイメージキャラクターになってもらったり

新商品やキャンペーン企画のチラシを
店舗中心に宣伝してもお客は戻ってくると思います。


苦戦の原因のひとつは

広告宣伝が足りてないことで

みんなに忘れられていること。

なんだと思います。


さて

個人や中小の塗装業やリフォーム業。

中途半端な立ち位置の方は多いと思います。


信用力の高い大手有名企業。



激安の営業会社。

との間に挟まれた中途半端な料金設定
ほとんどの方がこの中に入っているのではないでしょうか?

置かれている状況はモスバーガーより厳しいですよね?
認知度が圧倒的に少ないですから…


何もしなければ間違いなく埋没してしまいます。

やらなくてはいけないことは?

営業活動をするか

広告宣伝をするしかないです。


まずは、

近所の方に知ってもらう
同業他社と「どこが違うのか?」知ってもらうこと。

塗装で失敗しない注意点や
リフォーム業者を選ぶ基準点

知って得する。知らないと損をする。
情報を与えること。


ホームページやブログ、比較サイトでうまくいっていないなら
思ったように集客できていないなら

チラシできます。

中途半端な立ち位置から抜け出すために

チラシポスティングなら低予算で始められます。

定期的に続けられれば

あなたの店を覚えてもらえます
他社との違いを知ってもらえます。

同じような価格帯の同業他社は存在を知られず埋没し
あなたの店は生き残ることができるのです。

まずは手書きでよいのでチラシを作って下さい。
出来上がったら私でよければ初回無料で添削します。

ご気軽にどうぞ⇒ 初回無料メール相談



リフォーム集客 不安を解消するには?

ヤマダ電機がリフォームのナカヤマを買収したそうですね。

ネットで検索してみたら
リフォームのナカヤマは、「下請け業者への未払い」の記事が多くでていて
倒産するという噂もあったようです。

未払いの工事代金はヤマダ電機が払ってくれるのか?気になるところです。


さて

悪い噂を耳にして、
不安はあるけど仕事は欲しい。


自分で仕事が取れなければ、
下請け・孫請けとして仕事を回してもらうしかないです。

100%大丈夫ってことはないので、
下請けをやっている間は常に「ちゃんと回収できるのか?」
という不安が付きまとうことになります。

※私の仕事でも
一部上場企業でさえ、飛ばれて未回収になったこともあります。


直接仕事が取れば、かなりの部分で不安が解消します。
前金で全額もらうのは難しいかもしれませんが、
手付金をもらうことやローンを組めれば保障されます。

それと、直接顔を合わせているので、なんとなく安心感がありますよね。


しかし

営業は苦手。

ホームページを作ったが
なかなか集客に繋がらない。

比較サイトもやってみたが
相見積ばっかりで契約に繋がらない。


それなら

チラシポスティングならどうか?


「いやいや。やってみたけど全然ダメだったよ!」

おそらく7割の方はうまくいっていないと思います。


しかも

残りの3割の方も

「たまたまタイミングが良かっただけ」のケースがほとんどです。


それでも 断言します。
チラシポスティングで必ず集客できます。

2つのポイントを抑えるだけで集客できます。

しかも

特別なことは一つもなく、誰でもできることです。

しかも

お金は中学生のおこずかい程度で始められます。


ただ

誰でもできることですが、
やらない。やれない。ことなのかもしれません。



興味が沸いた方はぜひこのブログを
読み漁って下さいね。

共有サーバー