反響のでるリフォームチラシの作り方④

普段中々ポスティングしてもらえない私の家に
リフォームチラシが入っていました。

IMG_20170317_180307.JPG
双葉工業裏.JPG
解りやすくていいチラシだと思います。
定期的に続けて、認知度を上げていけば
集客に繋がると思います。



ポイントを抑えればもっと反響が出る可能性がある。
と思いましたので何点か指摘してみました。
あなたのチラシの参考になったら幸いです。



1,チラシ代を半額にできます。

このチラシはA4なのですが
この程度の情報量ならA4ではなくA5で十分です。

それと色紙ではなく白い紙で良いと思います。
※色紙は意外と高くカラーチラシとほぼ料金が変わりません。

何枚刷ったのかは解りませんが
チラシ代はこれで半額以下になると思います。

チラシを半額にしても反響も半分になることはないです。
逆に、A5の方が保存してもらえる可能性が高いと思います。


2,地域を絞る。

チラシの入っていた私の家は栄区の小菅ケ谷。
この御店があるのが戸塚区戸塚町です。

広範囲にチラシを配るより地域を絞って
ポスティングしたほうが良いです。

どれくらいの範囲でポスティングしたのか?は解りませんが、
定期的にポスティングして認知度を上げないと
なかなか反響は期待できません。


広告代理店の言いなりで
「1万部は配らないとダメです。」
とかはオススメいたしません。

しかも「1万部を3回は配らないと意味が無い。」とか言われ
結局、集客ができなかった。なんてなったら目も当てられませんよね?
広告代理店だけが儲かる形になってしまいます。

まずは地元をアピールした方が良いです。
お客からすれば地元の業者というだけで安心感がUPします。

戸塚区戸塚町だけで、戸建て数は5,300軒あります。

まずは戸塚町だけに定期的にポスティングする方が
反響は確実上がります。


3,顔写真を載せる。

どんな人がやっているのか?
お客からすればかなり気になるところです。

ホームページやブログがあれば
詳しくはコチラと誘導できますが

この会社さんは

「会社名・戸塚区」と検索しても出てきませんでした。

社長や職人さん写真を載せるだけで
反響は変わってくると思います。



いかがだったでしょうか?

ご希望であればあなたのチラシをメールで添削しています。
初回無料なのでぜひご利用下さい。
コチラから⇒ 初回無料メール相談

ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。
あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。

詳しくはコチラ⇒特別企画




塗装チラシを自分でポスティングするメリット④(裏ワザ編)

ポスティング業者はしていない。
自己ポスティングの裏ワザ?
を紹介します。

ポスティングをしていると
ポスト周辺に

訪問販売おことわり。
セールスおことわり。
チラシ禁止。
青少年に有害なチラシお断り。

などの張り紙があったりします。

ポスティング業者によって若干違うかもしれませんが
この中でポスティングしないのはチラシ禁止だけです。
(青少年に有害な…は入れていると思います。)


チラシ禁止はポスティング業者は(ついうっかり)以外は
まずポスティングしていません。

極稀に、ワザと入れてクレームも反響のうち
なんてところもありましたが… 
今はそういったところはほぼないと思います。

理由はクレームになるのがイヤだからなのですが
もし自分達でポスティングする場合は

「チラシ入れないで」にチラシを入れる。ことは
デメリットよりもメリットの方があると思っています。
※あくまで自己責任でお願い致します。

ポスティング業者がチラシを入れないってことは
その家には、ほぼチラシが入っていないことになります。

普段チラシが入っていないってことは
チラシをじっくり目を通してもらえる確率が上がります。

もし同業他社のチラシがその地域でポスティングしていたとしても
その家には入っていません。独占的に宣伝できることになります。

一例としますと

不要品の無料回収のチラシをお客さんに
「投函禁止も入れてみませんか?」と提案したところ
見事に投函禁止の張り紙をしてある家から何件も物が出ていたそうです。

注意して欲しいことは。

トラブルを避けるために
「入れたら報復にでるぞ!」という張り紙があるところ
は避けたほうが良いと思います。

口で説明するのは難しいですが
「あきらかにちょっと他とは違う。」というのが
感じられると思います。


心配なら
問い合わせいただければ
過去にクレームになった家

・電話がかかってきてしつこく攻めたてられた。
・呼びだされた
・金品を要求された。

などのデータは神奈川・東京・埼玉・千葉は
ございますのでご連絡下さい。


もしかしたら

チラシを入れるなと言っているのに入れても
意味がないのでは?

逆に

不信感を持たれるのでは?
と思ったかもしれません。


ではなぜ?

「チラシを入れて欲しくないのか?」なのですが

・過去にたくさんのチラシを入れられて邪魔くさく感じていた。
・売り込まれるのが嫌い。

ほぼこの理由なのではないでしょうか?


過去にはたくさんチラシが入れられていても
今では投函禁止の張り紙を貼ってあるので
ほぼチラシが入っていない状況だとして

極稀にチラシが投函されたとしたらどうでしょう?

「ふざけんな!」と思う人も中にはいると思いますが、
手にとって目を通してもらえる可能性は高くなります。

そのチラシの内容が、売り込み一辺倒ではなく
興味がある内容、ためになる情報だとしたら
何の問題もないと思います。



万が一 

クレームになったとしても
次から入れなければいいだけです。


PS

玄関先にいた人に「よろしくお願いします。」と手渡しした後に
投函禁止の張り紙が貼ってあった家だと気付くことがあります。
投函禁止だからチラシを受け取らない。ってことではないようです。


ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108

塗装チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談


日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。
あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。
詳しくはコチラ⇒特別企画




塗装チラシの大きさのオススメは?

新聞折込だとB4サイズにすることが多いと思います。
理由としては他のチラシもB4が多いので埋もれないために
やっているのだと思うのですが
私的にはA4の方が逆に目立つのではないかと思っています。

それと

あれもこれもと伝えたい気持ちはわかりますが

チラシでは「パッと見た瞬間」ゴチャゴチャしていると
目を通すのが面倒くさくなってしまう心理が働きます。

一番大事なことは「わかりやすいこと。」

テーマを絞ったチラシのほうがわかりやすく
反響は出やすいです。


さて

ポスティングですと

なぜか?
A4サイズのチラシが多いです。

チラシを直接配っていない
広告代理店や印刷会社はなぜ?

A4のチラシを選ぶのか?
「大は小を兼ねる。」という考えなのでしょうか?

※ポスティング会社にチラシの印刷を頼んだら
ほぼ間違いなくB5を勧めると思います。

A4のチラシとB5のチラシ

縦・横の大きさの違いは2cm程度です。
載せられる内容的にはほぼ変わらないです

実際に自分達で配ってみるとわかることですが
B5の方が断然配りやすいです。

「楽をするために勧めているのか?」
と思ったかもしれませんが

B5を勧める理由はこれだけではないんです。

ポストの大きさって各家で結構違います。
B5サイズならきれいに入れられるのに
A4サイズだと折らと入らないポストはけっこうあります。

あなたのチラシを入れた後、
他のチラシや郵便物が届く前に
その家の方が、チラシを取ってくれれば問題ないのですが、
そうならないケースも少なくないんです。

するとどうなるか?

後から入れられたチラシや郵便物であなたのチラシが
変なところに折り目が入ってしまったり
グチャグチャにされたりします。

ぐちゃぐちゃになったチラシは
ハッキリ言って「見る気がしない」って方は多いと思います。

中には、
ポストに「ゴミを入れられた。」と感じる方もいると思います。

チラシが小さいほどグチャグチャになる確率は下ります。

B5よりも
A5サイズでも収まる内容なら
A5で作った方が良いとすら思います。

なぜなら
チラシで大切なことは「わかりやすいこと。」

A5サイズの情報量なら
「隅々まで目を通してもらえる可能性が高くなる。」からです。

タイミングよく新聞折込にA5のチラシが入っていいました。

IMG_20170314_070726.JPG

どうですか? 
シンプルな内容で解りやすいです。

新聞折込だとB4が主流の中、A5のチラシが1枚だけ入っていると
手にとって見てしまう確率は高いと思います。

塗装チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談

ポスティングの依頼はこちら⇒ ㈱ピンポイント ℡045-383-9108


日本一になったポスティングのこと全部お伝えします。
あなた自身でポスティング
もしくは社員やスタッフでポスティングするなら
直接会って私が持っているポスティングノウハウを
お伝えします。

詳しくはコチラ⇒特別企画




共有サーバー