外壁塗装の保障期間ってどうなっているの?

あなたの会社では保証・保障期間は付けているのでしょうか?


なかには、15年や20年保障を謳っているケースもみかけます

気になったのが

・塗替えの目安は10~15年なのに保障期間が20年?

・塗料の耐久年数より長い保障期間?

あり得る話なの??

・保証・補償ではなく保障?

ちなみに

保証とは 「責任を負う。」

補償とは 「償う。」

保障とは 「保護する。」

保護する。ってどうゆうこと?


人によっては逆に「いい加減な業者かも?」
と感じるかもしれません。


間違えなく言えることは

「保障期間のカラクリ」がどうなっているのか?
気になってる人は少なくないと思います。

もしかしたら
他社が出している「保障期間」のことはよくわからない
のかもしれません。

では

一般的に考えて、常識的に考えてどうなのか?

チラシで
注意点や確認の仕方などを
教えてあげてはどうでしょう?

塗装を検討している人が手に取れば
じっくり目を通してもらえる可能性は高いです。


「なるほどね。」と感じてもらえれば
あなたのお店の信用度は確実に上がりますよ。





需要に追いついていない商品を売るチャンスです。

今回も宅配ボックスの話です。

アットホームが一戸建て用宅配ボックスに対する意識調査をしたそうです。
一戸建て持ち家に住む 20~60代男女620人対象にインターネットにての調査結果。
(6.23日経記事 引用)

面白い結果がでたようです

「戸建て用宅配ボックスが欲しい。」と答えた人は
70.5%いたそうなのですが

「購入を検討している。」と答えた人は
13.5%しかいなかったそうです。


各家庭で設置したい場所、置ける大きさが様々だったり
やっぱり邪魔になると感じる方もいるのかもしれません。


ニーズはあるのにウォンツに答えられる商品がない。
のが現状なのでしょう。

需要があるのに供給が追いついていない状態です。


「こういうのが欲しかった。」と言うような商品が売り出されたら
爆発的に売れる気がします。


さて

住宅関連のプロのあなた

何かいいアイデアはないでしょうか?
ぜひ考えてみてください。

基本的な考え方は

「どんなものなら喜んでもらえるのか?」

まずは
働いている女性をメインターゲットとして考えてみるのは
どうでしょう?

事務員の女性がいるなら今すぐ聞いてみてくださいね。

PS
前回の記事で紹介した宅配ボックスだと
一般的なダンボールが2個入る大きさでした。

もしかすると
そこまでの大きさを求めていない人の方が
多いのかもしれませんね。

外壁塗装広告 タウン誌ってどうなの?

新聞の折込やポスティングなどでみかけるタウン誌。

こういうもの
IMG_20170626_095129.JPG
見る人と見ない人ハッキリ分かれそうですが

広告だけではなく、近隣の情報なども載っていますので
まずは見出しだけを追い、興味を引けば目を通してもらえます。

見出しの言葉次第でかなりの反響差が出てくるので
キャッチコピーのウエイトがかなり占めると思いますが
試してみる価値はあると思います。


外壁塗装の広告も結構載っています。


内容は

塗装で失敗しないためにどうすればいいか?などの
セミナーのお知らせや小冊子プレゼントが多いようです。


ちょっと気になったのが

小冊子の受取方法。

確認できたものですと

・電話で申し込む
・郵送不可

直接営業マンが訪問してくるってことのようです。

お客の立場からすると

「しつこく営業されるかもしれない。」
「訪問されるのはちょっとイヤ」

と感じる方も少なくないと思います。

訪問されたくない
電話をかけてきて欲しくない
でも得する情報(小冊子)は欲しい。

優先順位は人により違いはありますが

お客とはワガママな者なんです。(笑)


業者の立場とすると
小冊子作りには
時間も手間もお金もかかることなので
見込みの薄い客にはあげたくない。
って気持ちも少しはあると思いますが

お客の立場に近づいた方が反響は出やすいです。


では、丁度いい「落とし所」はと言うと

PDFでプレゼントするのが良いのではないでしょうか?
※ホームページから無料でダウンロードか
 FAXでメールアドレスを送ってもらうとか

パワーポイントでしっかり作らなくても
ワードで作ってPDFに変換しても良いと思います。

時間も手間も短縮できますし、お金もかかりません。


ここで得られるのがお客のメールアドレスです。

その得たメールアドレスに

定期的にお得な情報や
最近あったお客さんに言われてうれしかったことなど
を送っていけば親近感や信頼感を得られると思います。

ただ
PDFとかダウンロードとかよくわからない人も中にはいますので
保険として問い合せ先を載せておけば良いと思います。




共有サーバー