リフォーム業 認知度があれば大手にも勝てる?

以前書いた記事 「リフォームチラシ小は大を兼ねる?」で

B3にするメリットとして

・インパクトがある。
・情報量を多く載せられる。
・文字を大きくできる。(老眼鏡なしで見れる?)

こと
と書いたのですが、もう一つありました。

・大きい会社だと思われる。

もしかしたらこの部分が一番大きいのかもしれません。

大手なら安心
なんかあった時ちゃんと対応してくれる。
確かにこういった考え方をするお客はいると思います。


私の考えは2つ。

①そんなお客は相手にしない。
背伸びせず身の丈のあったことをすればいいだけです。

引っ越し屋さんを例にすると

大手・思い浮かぶ引っ越し屋と言えば

・アート引越センター
・日通
・引っ越しのサカイ

とかでしょうか?


特に

アート引越センターは

他の中小の引っ越し屋と比べると
料金が倍だったりします。

相見積もりを取ったら
アート引越センターを選ぶ人はほぼいない気がします。

アート引越センターを選ぶ人は
引っ越し屋と言えば アート引越センター。とインプットされていて
相見積もりを取らずに決めてしまっているのでは
ないでしょうか?

リフォームに関してもそういった思考の人は
はっきり言ってどうしょうもないので
無視してください。


②知ってもらえれば大手にも勝てる?

リフォーム・塗装のことなら○○店



あなたの店を思い浮かべてもらうことができれば

あなたの勝ちです。

大手の強さは安心感と認知度ですよね?

安心感とは

大手だから安心という「権威の部分」だけではありません。

知ってる店にも安心感があります。

・どこにあるか知っている。
・どんな人がやっているか知っている。

そして

・どんな思いでやっているが知っている。

となれば、

あなたのお店が選ばれる確率は
高いのではないでしょうか?

まずは知ってもらうこと。認知度を上げることが重要です。


アート引越センターも最初は小さな会社だったはずです
今の位置を得るのに大きかったのがテレビCM。

引っ越しと言えば アート引越センターと認知されたのは
広告の力が大きかったからです。


広告の力はわかる

しかし

広告にかける予算がない…

チラシを使えば低予算で始めることができます。

まずは店舗中心半径500圏内の方に知ってもらう。
ことから始めてください。

中学生のおこずかい程度で始る方法はコチラ⇒5,000円 チラシ集客法!

何度も言ってますが

継続することができるかどうか?が大切です。

無理にお金を掛けずに始めてください。

継続することができれば
あなたのお店を知ってもらえます。(認知度が上がる)

あなたの店がどんな店なのか?知ってもらえれば
安心感を得られます。

安心感を得られれば
あなたの店が選ばれます。



やったほうがいいのはわかるけど
なかなか始められないあなたへ⇒行動に移すきっかけを作る方法


株式会社ピンポイント ℡045-383-9108

外壁調査・外壁診断を取る方法


ポスティングをしていると
築10年経っていても新築と見違えるような家もあれば
コケだらけの家や劣化の激しい家があります。

建っている場所の環境や手入れをしているかどうか
でかなり変わってくるようですね。

ちなみに
なんでポスティング屋が築10年の家がわかると言うと
SINCE 2007 なんてポスト周辺に文字があったりするからです。

さて
あなたが定期的に外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査ができ、
簡単に直ることなら無料や格安で補修できれば

家のことなら○○さんとなり

かかりつけのお医者さんのようになってしまい
塗装の時には相見積もりされずにあなたのお店に依頼される
可能性は高いですよね。

さらに
緊急オペが入る可能性もあります。(笑)


こういった見込み客を数多く持つことができれば
安定的に商売を回せるようになれます。


しかし

無料ですら
外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査を
やりたくても依頼が取れない…
という方がほとんどだと思います。

ホームページに力も入れても、
たまにチラシをポスティングしても

なかなか難しいと思います。


1番の理由は?

接触回数が完全に足りていないからです。

接触回数が足りてないどころか
あなたのお店のことをまったく知りません。


接触回数を増やせば、

あなたのお店を知ってもらえます。

どこにあるのか知ってもらえます。

あなたのことを知ってもらえば

外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査の
定期検診を受け入れてもらえます。

簡単に直ることなら無料や格安で補修できれば

あなたのことを信頼し、

「家のことなら○○さん」になれます。

定期的にチラシをポスティングすることができれば
外壁調査・外壁診断・屋根や雨どいの調査の定期診断を
依頼されるようになれるんです。


家の塗装の話ではないのですが
私は20年以上前に外資系の保険会社の営業をしていました。
当時、その会社の知名度はほとんどありませんでした。

どうやってお客をつかんだかというと
飛び込みで商店街などをまわり、
まずは安価の商品のがん保険や医療保険を
契約してもらいます。

もちろん安価な商品だけではそれほど儲かりません。
儲けるためには、そのお客さんが契約している生命保険を切り替えてもらう
ことが目的です。

しかしながら

「保険証券を見せてください。」と言っても

「はいどうぞ」という人はまずいませんよね?


では、どうするか?


定期的に顔を出し、世間話をしているうちに
「保険証券」を見せてもらえるようになります。

当時は知り合いの付き合いで保険を契約している人が多く
どんな保険に入っているかよくわからない人も多かったので
保険証券さえ見せてもらえば、今、入っている内容を説明するだけで
切り替えてもらえる可能性は高かったです。


接触回数の重要性がなんとなく伝わりましたでしょうか?




チラシには

ほんの小さな破損から雨水が侵入して家を腐らす。
本当にあった事例などを伝えたり、
知って得する知らないと損する情報や
あなたのまわりで起きた出来事などを載せてください。


とにかく

一番大切なことは定期的に続けることです。

継続することができるかできないかの差だけです。

塗装チラシのことを相談したい方は
こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談


問い合わせ先: ㈱ピンポイント 田島宛 ℡045-383-9108



外壁塗装の保障期間ってどうなっているの?

あなたの会社では保証・保障期間は付けているのでしょうか?


なかには、15年や20年保障を謳っているケースもみかけます

気になったのが

・塗替えの目安は10~15年なのに保障期間が20年?

・塗料の耐久年数より長い保障期間?

あり得る話なの??

・保証・補償ではなく保障?

ちなみに

保証とは 「責任を負う。」

補償とは 「償う。」

保障とは 「保護する。」

保護する。ってどうゆうこと?


人によっては逆に「いい加減な業者かも?」
と感じるかもしれません。


間違えなく言えることは

「保障期間のカラクリ」がどうなっているのか?
気になってる人は少なくないと思います。

もしかしたら
他社が出している「保障期間」のことはよくわからない
のかもしれません。

では

一般的に考えて、常識的に考えてどうなのか?

チラシで
注意点や確認の仕方などを
教えてあげてはどうでしょう?

塗装を検討している人が手に取れば
じっくり目を通してもらえる可能性は高いです。


「なるほどね。」と感じてもらえれば
あなたのお店の信用度は確実に上がりますよ。





共有サーバー